とは。
by eringon
メニュー
以前の記事
タグ
おすすめキーワード(PR)
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

パナソニック・ECOテクノロジーセンター

パナソニックの家電に関してお話するのです。

電化商品再利用法で処分するに関しては決められた手順が必須とされている家電に関して、パナソニック製の再利用代金はどれくらいでしょうか?

171リットル以上の冷蔵庫、冷凍庫は4830円程度、170リットル以下の冷蔵庫、冷凍庫は3780円程度です。

洗濯機は2520円程度、衣類乾燥機も同じく2520円程度です。

エアーコンディショナーは2625円程度です。

これは室外機、室内機の1セットの再利用代金となっています。

TVだけは大きさで区分されていて、実際に16型以上は2835円程度です。

TV15型以下は1785円程度です。

電化商品再利用法によってこれらの処分代金は消費者が負荷するというようなことになっています。

量販ショップや小売ショップに頼んで引き取りしてもらうケースはそのショップからメーカーまで運ぶ運搬代金が別途かかります。

ショップによって異なりますのでチェックしてください。

パナソニックの感じのECOテクノロジーセンターでは他社商品も再利用処理をしているようなことをご存知でしたでしょうか?
電化商品を製造しているメーカーは、実際、2つに区分されています。

これらは「Aグループ」あるいは、「Bグループ」と分かれています。

ここではAグループの商品を再利用処理しているんです。

パナソニックをはじめ、TOSHIBA、日本ビクター、そして東京ガス、ダイキン工業、あるいは、大阪ガスなどがそうです。

またコロナ、あるいは、LG電子など合計24社の家電を再利用処理しています。

実際にパナソニックのECOテクノロジーセンターでは、年間どれほどの量を再利用しているのでしょうか。

TVをはじめ、エアーコンディショナー、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機をきちんと全部合わせますと年間でだいたい70万台処理しているそうです。


これだけの商品が毎年処分廃棄されているんですから家電のサイクルは、実際、本当にめまぐるしいもんです。

■  [PR]
# by eringon | 2010-03-10 12:11

TOSHIBAの電化商品を処分するケース

TOSHIBAの家電を処分したいケース、一体どのようにしたら良いかお話している続きです。

冷蔵庫、TVとお話してきましたので、次はエアーコンディショナーです。

電化商品再利用法の対象とされているのは壁掛け種類や床置きにするセパレートな感じの種類と窓枠に取り付けるウインド感じの種類が対象です。

ここで留意したいのは、ショップ鋪用、業務用エアーコンディショナーは対象外です。

また天井に埋め込む種類のエアーコンディショナーも対象外でもありますし、配管パイプ等で出た部材も回収はできません。

「TOSHIBA」というアルファベットのロゴが入ったエアーコンディショナーについては製造、販売とも「TOSHIBAキャリア株式会社」が実際に請け負っています。

メーカー名を記入するときより「TOSHIBAキャリア株式会社」と記入しましょう。

TOSHIBAキャリア株式会社が担当しているエアーコンディショナーの再利用代金は室外機、室内機のセットで2,625円程度となっています。

買い替えのケース、もしくはショップにて購買の際に古い電化商品の回収を希望するケースに関しては、収集と運搬にかかるコストと再利用代金をショップで払わなければいけません。

ここで留意が必須なというようなことは再利用券センター、通称RKCと呼ばれるというようなものに加盟していないショップでは、再利用代金を購買できないようになっています。

ご家庭で処分された電化商品再利用法の対象品はそれぞれ商品別に再利用され原材料として再活用されます。


またTOSHIBAのウエブサイトではエアーコンディショナーの破砕、分別の工程や、TVの破砕、分別の工程など、それぞれの商品が再利用される経過を見る感じのことができるでしょう。

ご自分がこれから処分しようとしている電化商品が今後一体どのように分解され再活用されていくのか関心がある方は、サイトで確認してみるとおもしろいと思います。

■  [PR]
# by eringon | 2010-03-10 12:07
< 前のページ 次のページ >